靴底修理・補修が自分で出来る用品

私は靴のかかとがよく減る。
自分で靴底の修理・補修ができる用品を探しみたらあった。


スポンサーリンク
修理に出すと一足1,500円程度かかる。
また、靴修理の店が近くにない。

そこで、自分で靴底の修理・補修ができる用品を探してみたというわけである。

方法は2つ。

1.靴底の形をしたものを貼り付ける。
2.減っている部分に補修材を塗って固める。

1.の場合、釘で打ち付ける必要がある。
釘の先が足の裏を向いている。
何だかこわい。

そこで2.の方法を選択。
色んなメーカーで靴底の修理・補修が自分で出来る用品キットが出ている。

内容は何が違うのか?

1.色
2.乾かす時間
3.ニオイ
4.出来上がってからの履き心地は?

一つ注意すべきことがある。
茶色の靴を持っているので茶色の補修材を購入した。
いざ、靴裏に塗ろうと思ったら、靴底は黒であった。

しかし、せっかくかったので茶色を塗った。
乾いたら写真を公開の予定。
靴底の修理を自分でできる靴底修理キット



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。