ブートって何?

中古CD・DVD・ビデオ販売店でマイケルジャクソンのビデオを購入。
値札に「ブート」と書いてある。
ブートとは?


スポンサーリンク
調べてみたら、これはブートレグの略で、「海賊盤」という意味らしい。
正規に録音したCDなどではなく、コンサート・テレビ・ビデオカメラ等で録音(録画)したものを音源に作成されたものらしい。

世の中に普通は出ていないものなのでそのアーティストのファンにとっては希少価値なので高額で売買されているものらしい。

「海賊版」というと違法コピーというのが浮かぶがそうではないらしい。

従って、世の中には3種類の音源が存在するらしい。
1.正規の音源
2.1を違法にコピーしたもの
3.ブート

私が購入した中古販売店では、「ブート」と記載して堂々と販売しているのだが、これは良いのか?

私は、このビデオをオークション等で販売することは出来るのだろうか?
こういうものを出品するとすぐ密告されそうな気がする。

大分前に、サンプル(見本)盤のCDを出品したことがあった。
これは、実際に出品している人がいて物によってはかなり高額で落札されていた為だ。

ところが、通報があったということでオークション主催者が私の出品を勝手に削除してしまった。
最初、何が起きたのか全く分からなかった。
しかし、説明文を読むとサンプル盤はどうやら出品してはいけないものらしいということが分かった。

駄目なモノはダメだと思うが、密告があればダメで、そうでなければ堂々と落札されるというのも腑に落ちない話であった。

まあ、2年くらい前の話なので今はどうなっているかは分からない。

とにかく、ブートは出品して良いのか悪いのかを調べてみよう。

ヤフーYahoo!オークションで調べてみたら、ブート盤音楽CDが170件程、出品されていた。
念の為、「ヘルプ」で「禁止出品物」を見る。

他人の権利を侵害する商品
著作権(複製権侵害については記録メディアを問いません)
無断複製した音楽CDや映画、ゲームソフト、コンピュータソフト、海賊版、テレビの録画テープ、ラジオの録音テープ、許諾のないプレインストール販売など

うーん、どうなのだろうか?
ブートは無断複製には当たらないと思うが、著作権侵害はどうなのだろうか?
よく分からない。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。