家庭用金庫の選び方

家を購入したので権利証の保管用に金庫を検討している。
家庭用金庫の選び方のポイントは何だろうか?



スポンサーリンク
まず、大きさ。
権利証を入れるのでA4サイズが必要だ。
権利証が入っている封筒の大きさは32cm×23cmである。

エーコー EIKO シリンダー式耐火金庫SK-SN (20kg)

エーコー EIKO シリンダー式耐火金庫SK-SN (20kg)

  • 出版社/メーカー: エーコー
  • メディア:


そして、防犯と耐火。
この場合、防犯を考えると金庫は重くなりその分高くなる。
しかし、家庭用にそんな重い金庫は必要なのだろうか?

どちらを優先させるかというと、耐火であろう。

耐火の場合、30分と1時間の2種類がる。

そして、施錠。
火災にあった場合、開ける事ができるのだろうか?

そもそも、家が火事になった場合、30分程度の耐火でなんとかなるのか?
それは消火活動がどの程度の時間で済むかによる。
しかし、耐火時間が30分ないし1時間をうたっているのはそれで十分?だから?

さらに、「防水」とうたっているのもある。
これは、水害を想定しているのか?

あるいは、火事になったらすぐ持ち出しが出来るように手提げタイプがよいのだろうか?

しかし、手提げタイプは空き巣に入られたら、大事な物が入っているのが丸分かりだ。
「どうぞ持って行ってください」みたいな。

防犯を考えるとやはりある程度、重たいのがよいような。
しかし、あまり重いと設置するのが大変だ。

防犯タイプは金額が高くなる。

耐火タイプでもカモフラージュできれば、防犯も兼ねることも出来る。
そのようなものはあるのか?

カモフラージュできるものがなければ、やはり防犯と耐火の両方を兼ね添えたものが良いだろう。

最終的には金額との折り合いになる。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。