パソコンのメモリを増設

このところ、ノートパソコンが重いだけでなく「メモリ不足」の表示が出る。
そこで、ついにメモリの増設に挑戦。


スポンサーリンク
先日は、日経PC21に基づきパソコン高速化を試みた。
実際のところは早くなったのかどうかは実感できない。

そして、依然ファイルを保存しようとすると「メモリ不足」の表示が出る。
PC21の同じ号でメモリ増設の説明があったので本日メモリ増設に挑戦。

問題は、「自分のパソコンに合うメモリは一つだけ」ということ。
パソコンは家に3台あるのだが、どういうわけかマニュアルが見つからない。

そこで、メーカーのサポートセンターに電話で問合わせをする。
パソコンの型番を控えて連絡した。

携帯電話からしたのだが、フリーダイヤルは使えないようだ。
有料電話に電話をする。

パソコンの型番を言うと、
速度:PC2700対応
規格:DDR SDRAM
というメモリが適合するとのこと。

しかし、メモリのメーカーによって規格は違うとのこと。
パソコンの型番も定員に告げた方が良いと言われた。

問題のパソコンはメモリが現在512MBなのだが、最大2GBまで増設できる。
但し、メモリは2つまで差し込めるが、1つのメモリでは1GBまでとのこと。

私の場合、新たに1GBのメモリを2つ付けると合計2GBになる。

今あるメモリを生かして1GBのメモリを増設すると1.5GBになる。
結局、こちらを選択。

大手家電量販店で店員に内容を告げる。
調べるとのこと。

しかし、中々店員が帰ってこない。
結局、パソコンの型番を調べたが「ない」とのこと。

ないのか?
そこで、パソコンメーカーに型番を言った時にコジマモデルと言われたの思い出した。
ノーマルの型番を言うと再度調べてくれた。

結果、メモリがあった。
ところが、1GBで1万円もする。

他のものは、5,000円程なのにだ。
何故、こんなに高いのか?

聞くと、パソコンが古い型だかららしい。
成程、パソコンのモデルは「2005年秋冬モデル」とある。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。