本を自炊で電子書籍化する方法

紙の書籍を裁断してスキャンして、自分で電子化することを自炊という。


スポンサーリンク
手順は、
1.ほんの背表紙を取り除きばらばらにする(裁断機を使う)
2.スキャナーで1枚ずつ読み取る
3.電子データ化する

これで、電子書籍を自炊することができる。
なんと、教科書と参考書を自分で電子化した高校生も現れた。
「本を何冊も持ち歩くのに比べて、1台ですむ」とのこと。

このように本の自炊ができるわけであるが、「裁断機が怖い」、「スキャナーの使い方が分からず、時間がかかる」
ということから、自炊代行業者を利用する人が増えており、同時に自炊代行業者も増加している。

しかし、著作権の問題があり、大手出版社や作家が今月(平成23年9月)、業者約100社に自炊代行は認めないと宣言し、
今後も続けるかをただす質問状を発送した。

これは、著作権側の論理であるが、利用者側としては、「電子書籍がまだ少ない」ということが、
自炊代行業者の増加につながっているようである。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。