ノンアルコールワインってどうよ?

ノンアルコールワインなるものがあるそうな。
ビールのノンアルコールは定着しているが、ワインにノンアルコールがあるとは知らなかった。


スポンサーリンク
以前は浴びるように飲んでたお酒を2年前にやめた。
しかし、夏場は暑いのでノンアルコールビルを飲んでいる。

アルコールを止めた為かノンアルコールでもほろ酔い気分になる。
寒くなるとまたアルコールを飲みたくなるが、普通のアルコールはきつい。

秋はいつもワインを飲んでいたが、ノンアルコールワインというものがあるというのを最近しった。

ノンアルコールと言っても普通は微量ながらアルコールが入っているのだが、シャトー勝沼のワインは、
「お酒が飲めない方、高齢者の方にも、気軽においしく飲んでいただけます。」
とあるのでアルコールは全く入っていないようである。

さて、味は如何なものだろうか?

「カールユング」はワインからアルコールだけを抜いたというものらしい。
アルコール度数は0.05%以下だということだ。
1908年に世界初のアルコール除去ワインを製造したというから、歴史は古い。
(何んと百年の歴史がある。知らなかったなあ。)

レビューでは中々評価が高い。
0.5%未満ノンアルコールタイプ、カロリー約1/3ポリフェノールたっぷり ダイエット中の方にも...



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。