節分とは?

節分というと豆まき、巻き寿司、そしていわし。
一体どういういわれがあるのだろうか?


スポンサーリンク
本日2月3日は節分。
新聞の折込チラシは、どのスーパーも節分がらみの売り出しである。

「いわしの頭をひいらぎの枝に刺し、招福豆で鬼をおいはらい、恵方に向かって巻寿しをまるかぶりして一年間の無病息災を願う」とある。
恵方は毎年変わるらしいが、今年は北北西。

巻寿司については、海苔屋さんが、海苔の消費を促す為に始めたとか言う話もある。

大体、丸かじりて何だろう?
しかも太巻き。

どうも海苔屋さんの陰謀くさいではないか。

元々節分は、旧暦の正月である。

この節分に豆をまき邪気をはらう(鬼退治)するというのが平安時代にはじまった儀式である。

しかし、家にまくと、もったないし後の掃除が大変。
殻付きの落花生を蒔いている人もいるが、効用はいかに?
豆だとなんでも良いというわではないと思うのだが。

まあ、あまり固く考えないで今宵はゲームでも・・・
無料ゲーム



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。