ふるさと納税で所得税還付

応援したい自治体に寄付すると、所得税が減額され翌年度の住民税の一部(上限おおむね1割)が控除される。・・・ふるさと納税(寄付金)制度
スポンサーリンク
総務省によると、義援金は2千円を超えた場合、確定申告で所得税の一部が還付され、翌年度に住んでいる自治体の住民税の一部が控除される。

所得税還付が確実な給与所得者らは、申告期限の3月15日を過ぎても5年間は受け付けられる。

減税額は納税者の所得などによるが、数万円ほどならば、一般的には義援金のほとんどが減税という形で納税者に戻る。

個人の寄付が対象で2008年5月に制度が始まった。

所得税が還付される場合は3月15日の申告期限が過ぎても受け付けられる。

申告には寄付を受け付けた団体の領収書など証明できる書類が必要。
(朝日新聞)

さらに、地方自治体によっては、寄付のお礼にその地方の特産品をくれるところがある。
お肉やカニなどがあったりする。
スポンサーリンク