生命保険の保険料が値上げ

生命保険各社は、来年2013年4月以降の新しい契約を対象に、養老、終身保険など貯蓄性の高い商品の保険料を12年ぶりに一斉に引き上げる検討に入った。
スポンサーリンク

歴史的な低金利で、運用環境が悪くなっている為だ。
値上げ幅は平均で数%とみられるが、商品によっては1割前後になりそうだ。

生保各社は、金融庁が過去3年の長期金利の平均などから定める「標準利率」を目安にして、契約者に約束する運用利回り(予定利率)を決めている。

標準利率は現在1.5%だが、長期金利の低下を受け、金融庁は来年4月から1.0%に下げる見通し。標準利率の引き下げは12年ぶり。

これに伴い、生保各社は予定利率を下げる。
運用で儲からない分、将来の保険金支払いに備えた積立金を、保険料アップでまかなう方向。

値上げの対象は、死亡時や満期時に保険金が出る養老保険、生涯にわたって死亡保障が受けられる終身保険、決められた時期から年金が支払われる年金保険など。

医療保険やがん保険も値上げが検討されるが、定期保険など、掛け捨てタイプの商品の保険料は上がらない見通し。(2012年9月5日 朝日新聞掲載)

保険料が12年も値上がりしていなかったとは驚き。
私は、生命保険の終身保険に入っているのだが、値上げは2013年4月以降の新規契約だけのようなので一安心。

それでは、消費税値上げで保険料も上がるのか?
保険料は生命保険・損害保険ともに非課税なので、消費税が増税しても値上がりはしないようだ。
生命保険の無料相談
スポンサーリンク