自動車重量税エコカー減税とは

自動車重量税とは、車の購入時や車検の際に自動車の重量等に応じて課税される国税である。
単に重量だけでなく、自動車の区分、車検有効期間及び車両重量等に応じて税率が定められている。


スポンサーリンク


自動車重量税のエコカー減税とは、免税対象車を購入または車検を受けた時に重量税が軽減されるというものである。
適用期間は平成24年5月1日〜平成27年4月30日。

1.免税対象の新車を購入した場合
適用期間内に「新車新規検査」及び期間内にその次に受ける車検の際の重量税が軽減さる。

2.免税対象の車を既に所持している場合、または中古車購入の場合
期間内に受ける最初の車検の際の重量税が軽減される。

自分の車の重量税はいくらなのか?
http://www.mlit.go.jp/common/000210008.pdf

そもそも車の重量はどこに記載されているのだろうか?
車の大抵の情報は車検証に記載されている。
車検証の「車両総重量」が重量税の「車両重量」である。

ちなみに私が今回、購入したトヨタ シエンタの場合のエコカー減免があるなしによって自動車重量税がどれだけ違うかを比較する。

尚、シエンタの「車両重量は、「自動車重量税税率表」の「〜1.5トン」である。

1.エコカー減免のない場合
3年自家用:36,900円
2年自家用:24,600円

2.エコカー減免のある場合
3年自家用:11,200円
2年自家用:7,500円

新車購入時は「3年自家用」である。
既にシエンタを所持している、または中古でシエンタを購入した場合は、「2年自家用」を適用する。

今回、私が支払った自動車重量税は、11,200円。
エコカー減税の適用がない場合と比べると25,700円も税金が安くなった。
次回の車検は平成24年9月なので、残念ながら次の車検ではエコカー減税の恩恵は受けられない。
車を高く売る
車に関する費用・車で得する情報



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。