自動車取得税エコカー減税とは

自動車取得税のエコカー減税とは、地球環境に優しい新車ないし中古車を購入した時に自動車取得税が軽減されるというもの。


スポンサーリンク


軽減率は、
非課税(100%)
75%軽減
50%軽減
の3段階である。

エコカー減税の対象車はメーカーに問い合わせすると分かる。

エコカー現時の軽減率は、
「乗用車(軽含む)、2.5t以下バス・トラック」、「中量車(2.5t超〜3.5t以下」、「重量車(3.5t超)」に分かれ、「電気自動車・燃費電池車・天然ガス(ポスト新長期規制からNOx10%低減)・プラグインハイブリッド車」、「ガソリンハイブリッド車・ガソリン車」、「ディーゼルハイブリッド車・ディーゼル車」に分かれ、「ガソリン車・ディーゼル車」に関しては、排ガス要件及び燃費基準によって、各々軽減率が決まっている。


ちなみに、私が今回、購入したトヨタ シエンタの「自動車取得税」は37,700円である。
軽減率は50%と考えられるので、逆算すると、シエンタの課税標準基準額は約1,675,556円。
本体価格は1,760,000円なので、本体価格の約95%が課税標準基準額となる。
中古車買取店の査定車の買い替え体験記



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。