NTTフレッツ光の料金内訳が変

NTTフレッツ光を10月末に解約して、光回線をeo光に変更した。
11月分のNTT料金の請求の内訳が変。
スポンサーリンク


NTTの料金は、ネット(「Myリビング」)で確認しているのだが、11月と10月の料金がおかしい。

ご利用料金内訳の「フレッツ 光ネクスト FHS利用料」の
11月分が5,244円、
10月分は4,300円。
1,000円の違いがある。

念の為、9月以前も調べてみた。
9月以前も10月分と同じく4,300円。

一体どういうことだろう。
そこで、NTTに電話で問い合わせた。
料金お問合せ先:0120-712042 (無料)

日曜に電話したが、平日の午前9時から午後5時までが受付。
月曜日に掛けなおす。

担当者によると、10月以前の料金内訳に
「フレッツ 光ネクスト FHS利用料」(4,300円)以外に、
「フレッツ光回線終端装置利用料」(900円)と、
「光屋内配線使用料」(200円)
という項目があるのだが、
11月以降は、
「フレッツ光回線終端装置利用料」と「光屋内配線使用料」が「フレッツ 光ネクスト FHS利用料」に含まれるようになった。

合計金額は、4,300円+900円+200円=5,400円なのだが、
月末に解約したので、日割り計算で5,244円になったようだ。

説明で了解したものの、問題はNTTからこの変更に関して何ら事前に説明がなかったということ。
NTTの対応の悪さは以前からだが、とりあえず、これでスッキリした。

スポンサーリンク