年賀状(2014)はいつまでに出せば元旦に届く

今年も早12月。
毎年、この時期に気になるのが、年賀状はいつまでに出せば元旦に届く(配達)されるのかということです。
昨年、「年賀状(2013年)はいつまでに出せば元旦に届く(配達)?」を記事を書いたのですが、2014年(平成26年)のスケジュールを調べたみました。


スポンサーリンク


年賀状はいつまでに出せば元旦に届くか
インクジェット紙は裏と表で印刷方法が違う
格安・互換インク

●年賀状はいつまでに出せば元旦に届くか
郵便局のHPには下記の記載があります。

今年も、2013年12月25日(水)までに差し出していただいた年賀状は元日に、2013年12月26日(木)以降12月28日(土)までに差し出していただいた年賀状もできる限り元日にお届けできるよう取り組みます。

要は、
2013年12月25日(水)までに投函→元旦に到着(確実)
2013年12月26日(木)以降同月28日(土)までに投函→元旦に到着(努力)
ということです。

それでは12月29日(日)以降に投函した場合はどうなるのでしょうか?
郵便は通常、土日の回収はありません。
年賀状に関しては土日も特別に回収するということですが、12月29日(日)に回収が無いとします。
すると、回収は12月30日(月)。

後は、普通郵便と同じ日数+年賀状の込みぐあいでプラスの日数と考えればよいようのではないでしょうか?

本州だと配達に1〜3日かかります。

年内に投函するとギリギリ3が日に配達される可能性がありますね。(個人的見解です。)

●インクジェット紙は裏と表で印刷方法が違う

今更ながらですが、年賀状のインクジェット紙の印刷は表と裏で設定が違うのですね。

裏面にデザインを印刷するので、ハガキはインクジェット紙を使っているのですが、今まで、おもて面も同じ設定(「インクジェットハガキ」)で印刷してました。

ところが、今年、表の宛名が少しにじんだ感じなのでもしやと思って印刷設定をみたら、「インクジェット普通(おもて面)」という項目があるではないですか?

こちらを選択して印刷したら鮮明に印刷できました。

他に下記の項目がありました。(筆ぐるめ)
「インクジェット普通はがき(おもて面)
「光沢はがき(おもて面)」
「プロフォトはがき(おもて面)」
「その他」

イラストと文字では印刷方法が違うようです。

いやはや、知らないというのは恐ろしい。

毎年、年賀状をPCで作成しプリンターで印刷しているのですが、今まで気がつかなかったのが不思議なくらいです。

ちなみにインクカートリッジの黒色(ブラック)には太いのと細いタイプがありますが、細い方が画像用の染料系ブラック、太い方は文字用の顔料系ということです。

インクで分けていたのですね。
納得です。

●格安・互換インク

私は実家の年賀状も印刷するのでインクを結構使います。
昨年からは互換インクを使っていますが、正規製品と比べると値段が格安なので重宝しています。
インクナビで、3〜4回注文しました。
互換インク販売・格安インクカートリッジ



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。