モンドセレクションとは?

ちまたに見かけるモンドセレクション受賞商品。
価値があるのかないのか全く分からないが、「受賞」とあると、受賞した商品が価値あるものに見えてくるのは私だけだろうか?
モンドセレクションとは?


スポンサーリンク
モンドセレクションとは?]
モンドセレクション(Monde Selection)とは食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした製品の技術的水準を審査する民間団体であり、ベルギー連邦公共サービスより指導及び監査を受け、モンドセレクションより与えられる認証(この組織では賞と表記している)である。

1961年、独立団体としてベルギーの首都・ブリュッセルに作られた。 全審査対象品のうち5割が日本からの出品で、日本から出品した食品の8割が入賞している(ウィキペディアより)

[賞の種類]
100点満点の90点以上で優秀品質最高金賞(グランドゴールドメダル)
80点以上で優秀品質金賞(ゴールドメダル)
70点以上で優秀品質銀賞(シルバーメダル)
60点以上で優秀品質銅賞(ブロンズメダル)

「日本から出品した食品の8割が入賞している」とあるので、入賞そのものは難しくなさそうである。
ただ、「最高金賞」となるとかなりのレベルが要求されるようだ。

認証は「出品者からモンドセレクション本部に送付された商品に対し、専門家や評論家などが審査を行う。」

審査は、「味覚」「衛生」「パッケージに記載されている成分などが正しいか」「原材料」などの項目。

「審査料は1製品につき1,100ユーロ、3製品以上ならば3製品目からは1製品につき1,000ユーロ」

お金を払って審査してもらわない限り、基準を満たしても賞はもらえない。

「審査対象品のうち5割が日本からの出品」とあるように日本国内では近年急激に知名度を上げているが、国際的にはほとんど無名らしい。

2012年には3000品目弱が「受賞」しているそうな。

私が好きな「大麦スイーツ」は「モンドセレクション3回受賞」となっているが、3回、お金を払って審査してもらったということのよう。

「モンドセレクション受賞」が注目され出したのはサントリーが「プレミアムモルツ」のテレビCMなどで「3年連続モンドセレクション最高金賞受賞」と打ち出したからという。

「モンドセレクション受賞」を謳うのは多少の箔付けには良いのかもしれないが、だからどうなの?と言う感じがする。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。