年賀状を出した人から返事が来ない

年末年始は年賀状がらみの記事にアクセスが多いですね。
年末までは「年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?」が多かったですが、年明けは「年賀状はいつまで出していいのか?」という記事にアクセスが多いです。
今回は、年賀状を出した人から返事が来ない場合、来年からどうするかを取り上げます。


スポンサーリンク


ネットで調べてみると、当たり前のことですが、次の2通りです。
1.気にせず出す
2.来年から出さない

それでは、立場を変えて逆に、年賀状を出していない人から年賀状が届いた場合はどうでしょうか?
これも2通りです。
1.お返しを送る
2.お返しを出さない

2.の「お返しを出さない」は要は「無視」。
年賀状のやりとりは希望しないという意志表示です。

そもそも、昨今、年賀状を出さない人が増えています。
普段から付き合いがあり連絡を取り合っている人には出さない。
普段付き合いがないが、年賀状は出さないでメールや電話で済ませる。

そして、年賀状をだすのをやめ、届いた年賀状だけに返事を書くという方もいます。
かくいう、私の家族もそう言っていました。

私の場合は、お世話になった方には返事がこなくても出します。
しかし、特にお世話になったというわけでもない方に関してはこちらが出しても返事が来ない場合は来年から出しません。

以前、「年賀状には一言添えるべき?」というテーマを取り上げたことがあるのですが、私は今年から一言添えるようにしています。

というのは普段付き合いのない方との年1回のやりとりなので近況が添えられているとぐっと身近に感じます。
だから、私も添えることにしました。

一言添えるようになると何も書いていない印刷だけの年賀状からは何も伝わってこないと思うようになりました。

まして、年賀状を出しても返事が来ない方に関してはお世話になった方を除いて、私との付き合いを望んでいないのだろうと考えます。

年賀状を出して返礼で年賀状が届く方にも余計な手間を取らせているような気がするのでそういうやりとりが続いたらその後は出さないようにします。

郵便事故ということもあるのでお互いの年賀状がきちんと届いていない場合も中にはあるでしょう。しかし、これは余程でないと確認のしようがありません。

いずれにしても、出す出さないは自由です。
人それぞれの考え方があるので思ったようにするのが一番でしょう。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。