節分に恵方巻きを食べるのは何故?

節分と言えば、豆まきと恵方巻き(太巻き)。
節分に恵方巻きを食べるのは何故でしょうか?恵方巻きとは?
調べてみました。
スポンサーリンク


「節分」については以前も記事にしたのですが、以前は「節分」と言えば「豆まき」でした。

「豆まき」に鬼の面がつきものですが、元々は鬼(邪気)を払う為のもので、その起源は平安時代にさかのぼります。

対して「恵方巻き」については歴史は古くありません。

恵方巻きの起源は、江戸時代末期、大阪の船場で商売繁盛を祈願する風習として始まったという説が主流らしい。

さらに大正初期に大阪の花街で、節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きを恵方に向かって食べ、縁起を担いだともいわれます。

しかし、これらは庶民には定着しませんでした。
それが、商業的に復活しました。

まず、1973年(昭和48年)から大阪海苔問屋協同組合が海苔を使用する太巻きを「幸運巻ずし」として販促キャンペーンを展開。

そして、商業的に売り上げの落ちる1月後半から2月初旬の販売イベントとして、主にコンビニエンスストアを中心とし、スーパーマーケットなどの店舗にて各地で展開。

1989年(平成元年)、広島市のセブン-イレブンが「恵方巻き」として販売を開始し1998年(平成10年)に全国展開をしたことで急速に普及したようです。

ちなみに「恵方巻き」の「恵方」とは歳徳神(としとくじん)というとても綺麗な姫神様がいる方角のことで毎年、変わります。

2015年(平成27年)は、西南西です。

「恵方巻き」を食べる時には決まりがあるようです。
1.その年の恵方を向いて食べる
2.切らないで丸かじり(「切る」は「縁を切る」につながる)
3.無言で食べる

京は我が家でも「恵方巻き」です。
スポンサーリンク