お墓参りにはいつ行くべき?

お墓参りに本日、行ってきました。
お墓参りには年4回程、行きます。
3月と9月のお彼岸、8月のお盆、そして正月。
そもそも、お墓参りにはいつ行くという決まりはあるのでしょうか?
スポンサーリンク

お彼岸とは?


「お彼岸」は3月の「春分の日」と9月の「秋分の日」の前後3日間の計7日間、もしくはこの時期に行われる仏事(彼岸会)のこと。

「彼岸」本来の意味としては煩悩を脱した悟りの境地のことを言います。

三途の川をはさんで、私達の住んでいる世界を此岸(しがん)といい、向こう側(仏様)の世界を彼岸(ひがん)。

「お彼岸」はあの世とこの世とが年2回つながる?時のようで、先祖が帰ってくる訳ですね。

先祖はどこに帰って来るのか?


お彼岸の時はお墓のようです。

一方、お盆はご先祖様はお墓ではなく家の仏壇に帰ってこられているという説があります。

お盆にはお供えにナスやキュウリを使う事があるのは、この世に帰って来る時は馬(キュウリで例える)で急いで、あの世に変える時は牛(ナス)でゆっくり帰るということです。

しかし、そもそも、お盆は「父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をつむ重要な日」のようですので、先祖が帰って来るというのとは違うのではと思います。

ただ、お彼岸と相まって同じ意味合いに変化したのかもしれません。

家に仏壇がない場合はどうなるのか?
さらに言えば、お墓が無い場合はどうなるのか?

考え出すと疑問は付きません。

お彼岸とお盆の違いは何なのか?
本来、元々のきっかけが違うので同列には話せません。
しかし、実際は同列の扱いになっているように思います。

即ち、@先祖があの世から帰って来る、A先祖を敬い感謝する、日ということです。

お墓参りはいつ行くべき?


調べてみると、お墓参りに決まりはないということです。

そもそも、お墓参りとは先祖を敬い、感謝する場である訳ですから、本来はお墓参りは「日々」するものかと。

ただ、近くにお墓がない場合にその代わりとなるのが仏壇。
ただ、仏壇が無ければ、「心」でということなります。

お盆や正月にのみ里帰りする方の場合、その時にお墓参りをすることが多いのかもしれません。

尚、お墓参りの時間帯については「午前中に済ますべし」とはよく言われます。
スポンサーリンク