結婚祝い祝儀袋の選び方、祝い金の相場、新札を用意する方法

姪が結婚する事を聞きました。
結婚式(披露宴)は内輪だけで行うとのことで私は呼ばれていません。
そこで、結婚祝い金を現金書留で送る事にしました。
しかし、その前に祝儀袋選び等、準備すべきことがあります。
結婚祝い祝儀袋の選び方、結婚祝い金の相場、新札を用意する方法について。
スポンサーリンク

結婚祝い祝儀袋の選び方


結婚祝い祝儀袋は様々なものがあります。

私の第一の疑問は、色は相手が女性の場合はピンク(赤)?
それとも、贈り主が女性だとピンク(赤)?

文具店の店員に尋ねてみましたが、分からないとのこと。

決まりはないようですが、基本は相手(受け取る側)に合わせて選ぶのが良いのではないでしょうか?
私は相手が女性なのでピンク色のものを選びました。

次にどういったものを選ぶのか?
100均でも結婚祝いの祝儀袋が置いているそうです。

「100均の結婚祝いの祝儀袋はダメ」という考えの方もいるようですが、「100均だからダメ」というのにはどういう理由があるのでしょうか?

私は、100均うんぬんではなく、物で選べばよいのではと思います。
100均で思ったものがあればよし、無ければ、他で購入するしかありません。

結婚祝い祝儀袋は祝い金の金額、結婚する方との関係によって形(種類)が違うようです。
http://zexy.net/newlife/manual/mns_yorokobi/chapter2.html

私はカラフルな祝儀袋を選びました。
540円でした。

結婚祝い金の相場


結婚祝い金をいくらにするか?
こういったものは気持ちなので本来、決まりはありません。

しかし、相場というものがあります。

結婚祝い金の金額はまず結婚式(披露宴)に出席する、しないによって異なります。
次に、結婚する方との関係によって変わってきます。
さらには、過去に自分の結婚式の時にいくらもらったかも加味する場合があるのではないでしょうか?

以下は一例です。

@個人や夫婦連盟:5万円〜
A親しい友人や後輩に:2〜3万円
B会社関係や親族のお祝いに:3万円〜
C結婚式(披露宴)に出席しない場合:1万円〜

金額は昔は「2(2万円とか)」は良くないと言われていましたが、現在では気にしないようですね。

私の場合、母親は10万円するそうですが、私に「3万円でいいんじゃないの?」というので、3万円にしました。
母親は「2万円は良くない」という頭があったからのようでした。

新札の用意の仕方


祝い金の基本は新札です。

そこで口座がある三菱東京銀行UFJに行ってみました。

窓口でもできるが、両替機でもできるとのこと。
両替機を見ると、数人並んでいました。

ATMでお金をおろします。
割と綺麗なお札です。
しかし、新札ではないので、両替機を使う事に。

両替(投入?)できる枚数は20枚まで。
小銭→お札の両替はできないそうです。

両替機を利用するにはキャッシュカードが必要です。
新札が手に入りました。

後は現金書留で送るだけ。
といっても、色々とやるべきことがあります。
これについては次回、記事にアップします。
スポンサーリンク