年賀状(2017年)はいつまでに出せば正月に届く?

今年もあと1週間ですね。
年賀状の投函はお済でしょうか?
私は本日、一言添えて出す予定です。
同じ出すなら、元旦に届けたいところ。
年賀状はいつまでに出せば正月(2017年/平成29年)に届くのでしょうか?
スポンサーリンク

年賀状を元旦に届けるには?


年賀状をいつ出せば、いつ届くのか?
毎年、この時期になると気になるところ。

日本郵便のHPには下記の記載があります。
「年賀状は12月25日(日)までにお出しください。」

「12月25日」という日付は毎年同じ。
この日までに投函すれば、確実に元旦に届くということです。

では、12月26日以降に投函したら、いつ届くのか?
こについても、事情は毎年同じです。
年賀状はいつまでに出せば元旦(平成28年)に届くのか?

12月26日以降12月28日までに投函すれば、元旦に届く可能性があります。
但し、大雪等で交通事情がマヒしたり、予想を超えた量の郵便物があった場合はこの限りではありません。

では、元旦が無理なら、いつ出せば、正月3が日に届くのか?
これについて、今年は1つ異なる事情ができましたので例年とは変わります。

1月2日の配達はなし


日本郵便が2017年から1月2日は年賀状の配達を休むと発表しています。

今年2016年の三が日に配られた年賀状のうち85.7%は元旦に配られ、2日に配られたのは7.5%で1世帯あたり2.7枚とか。

2日に配っていたのは12月31日までに仕分けが終わらなかったりした年賀状。

配達は正社員が中心で休日出勤させるための人件費など約10億円を削減できる見通しという。

1月3日に配達を再開するとのこと。

まあ、これは仕方ないことでしょう。

年賀状を正月に届けるには?


12月25日までに投函すれば、元旦に確実に届くので、ここを目指すのがベスト。

25日に間に合わなければ、28日までに出す。
三が日に届く確率は大です。

年賀状には一言添えた方が良いと思いますが、添えなくても失礼には当たらないので、時間がなければ印刷して即出すのが良いと思います。
年賀状には一言添えるべき?

自宅で年賀状印刷をするのが手間だし、時間もないという方には、業者に依頼すると便利です。⇒ネット年賀状印刷業者比較
スポンサーリンク