100均「ダイソー」のボタン(コイン)電池ってどうなの?違いは?

ボタン(コイン)電池のCR2025を2個欲しくてジョーシンに買いに行ったのだが、在庫が1個しかなく、1個取り寄せになった。(2個で474円)
ところが、帰りに近くのダイソーによると、2個セットで100円で売っていた。100均「ダイソー」と家電量販店のボタン(コイン)電池の値段の違いは?
100均「ダイソー」のボタン(コイン)電池は買い得なのか?
スポンサーリンク

容量の違い?



↓左がダイソー、右がジョーシンで買ったボタン電池「CR2025」
写真 2017-08-04 12 32 29.jpg

値段の違いは容量の違いなのか?

「ダイソー」の電池は容量が少ないから安い。
これは分かり易い話だが、そうではない。

なぜなら容量は同じ。

というのも、品番の2025は直径20mm、高さ(奥行?)2.5mmを表しているからだ。

これが2032になると、直径20mm、高さ(奥行?)3.2mmとなり、2025に比べて、2032の方が容量が多い、と言える。

製造国の違い?


量販店で買ったボタン(コイン)電池のメーカーはSONY、対してダイソーのは三菱。
いずれも大手だ。

では、製造国が違うのか?

ところが、いずれもMADE IN INDONESIAとある。

「ダイソー」の乾電池は中国産で持ちが悪いという話があるが、これは主に乾電池の場合のようだ。

使用期限が過ぎている?


100均一で販売されている電池は、使用期限が過ぎている、または、使用期限が近いモノもあるらしい。

使用期限が過ぎた電池にあたると持ちが悪い(寿命が短い)ということも起こり得るようだ。

だが、私が購入したボタン(コイン)電池は、ジョーシンが2022年3月、ダイソーは2022年1月であり、その差2ヵ月。
いずれも使用推奨期限まで5年近くある。

10個で330円?


ネットではどうなのか?

Amazonで10個で330円というのを発見。
リチウムボタン電池CR2025 10P

こちらはメーカー品ではない。
「問題なかった」というコメントの一方、「持ちが悪い」というコメントも。消費期限も書いていないようなので、消費期限切れの電池が混ざっていた可能性は大だ。

買うなら、やはりメーカー品が安心だ。

結論


結論として、ダイソーと家電量販店で販売されているボタン(コイン)電池の値段の違いは分からずじまい。

三菱が何かの事情(在庫処分とか)で安く販売しているとしか言いようがない。

後は実際に使ってみるしかないのだが、100均対家電量販店というより、三菱対SONY対決といった感じになりそうだ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。