高反発マットレスと低反発マットレス、どちが腰痛に効果あり?

寝起きの腰痛は睡眠時布団が沈むことで生じる。
また、寝返りがしやすいマットレスで寝るとぐっすり眠れるという。
これらに効果のあるとされる高反発(あるいは低反発)マットレス。
しかし、高反発と低反発は真逆である。
実際、腰痛に効果のあるのはどちらなのだろうか?
スポンサーリンク


そもそも高反発マットレスとは?


高反発マットレスは、読んで字のごとく反発力が「強い」。

押すと変形の大きさに比例した押し返す力が働く。
その動きはバネに似ており、押すのをやめるとすぐ戻る。

実際に横になると、体全体が沈み込まず、平らな状態だ。

結果、次の特徴がある。
・寝返りがしやすい
・通気性がいい
・低反発に比べると硬く感じる

そもそも低反発マットレスとは?


低反発マットレスは、読んで字のごとく、反発力が「弱い」。

押しても押しかえす力はあまり変わらない。
押すのをやめるとゆっくり戻る。

実際に横になると、カラダ全体が沈んでいいる状態。

結果、次の特徴がある。
・体が包み込まれるようで寝心地がいい。
・体圧分散に優れている。
・低反発の方が冬に温かいが、逆に夏は暑い

低反発マットレスと言えば、トゥルースリーパーが有名だ。

腰痛に効果のあるのは高反発マットレスと低反発マットレスのどちら?

●寝心地の良さ
低反発マットレスが良さそうだ。

●寝返りにしやすさ
高反発マットレスの方に分がある。

●腰痛対策
これは、どちらとも言えない。

ただ、両マットレスの差は科学的検証がまだ少ない。
どちらが良いかの結論は出ていない。

実際、何が良いかは人にもよるという。
高反発が合う人もいる一方、低反発が合う人もいるといった具合。

結局、自分で使って判断するしかないようだ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。