固定電話は必要か?固定電話の解約方法は?

固定電話が必要かどうかは立場によって異なると思う。
母親は1人ぐらしなのだが、携帯電話(ガラケー)とスマホがあるので、固定電話は必要なしと判断し、解約することにした。
固定電話を解約する事にした理由、解約方法を紹介します。
スポンサーリンク

固定電話を必要なしと判断した理由


最も大きな理由は、固定電話は全く使わなくても月々基本料金がかかるということ。

以下はNTT日本の電話料金の内訳だ。

回線使用料〈基本料〉(住宅用):1,700円
ナンバー・ディスプレー使用量:400円
ユニバーサルサービス料:3円

固定電話を全く使わなくても2103円(税別)かかる。
年間で25,000円超の出費。
無駄な出費である。

母親は高齢者で固定電話を持つことによる社会的信用も必要ない。
携帯電話があれば、あえて固定電話は必要ない。

但し、解約する前にやっておくことがある。
@銀行やクレジットカードの登録電話番号の変更手続(固定電話の場合、携帯電話に)。
A連絡を取り合う知人等に今後は固定電話がなくなり、携帯電話になることを通知。

デメリットがあるとすれば、固定電話からは無料のフリーダイヤルも会社によっては携帯では有料となる、FAXが送れないことぐらい。
※今時、FAXを使っている国は少ないらしいが。

通話料の問題は携帯電話のかけ放題プランに加入すれば解決できる。

携帯電話のかけ放題プラン


携帯電話のかけ放題プランは電話会社によって様々なプランが用意されている。

同じ電話会社同士なら無料でかけ放題というプランもある。

知人は仕事でお客さんと話す機会が多いので、au、softbank、docomoの3つの携帯電話を所有し、お客さんから電話がかかると、同じ電話会社の携帯から掛け直すということをしていた。
※これは2〜3年前のことなので、今は分からない。

携帯電話のかけ放題プランはガラケーとスマホがある。
どちらを選択すればよいのだろうか?

ガラケー+格安スマホ


母親は電話は固定電話とガラケー使用。
スマホではブログを投稿したり、LINEを使ったり、天気やニュースを見たりしている。

ガラケーとスマホの2台持ちだ。

しかし、スマホのデータ通信量は知れている。

ただ、スマホで通話+データ通信をしようとすると、データ通信料が異常に高くつく。

データ通信をあまり使わない人にとって割高だ。

格安スマホなら細かくデータ通信量が分かれているので自分にあったプランを選べ無駄がない。

では、格安スマホで電話+データ通信をすれば良いではないかということになる。
2台が1台になるので利便性も良い。

しかし、問題は簡単ではない。

格安スマホのかけ放題には時間制限があったり、電話回線ではなくIP電話のこともあるので注意が必要。

とりあえず、ガラケーを家計放題プランに変更して、データ通信は今まで通り、格安スマホを使う事にした。
※ガラケーはauだが、月末までに手続きをすれば翌月からプランが変更になる。手続きは店頭及び電話でもできるとのこと。

理由は次の2点
@まだ、格安スマホのかけ放題プランについて詳しく調べていない。
Aガラケーの電話番号は残し、スマホにその電話番号に移転にするには色々と費用がかかる。

▶お勧めの格安スマホは?⇒格安スマホ比較

固定電話の解約方法


以下はNTT西日本の場合。

固定電話の解約はインターネットで出来る。
「利用休止・一時中断・解約」
https://www.ntt-west.co.jp/denwa/mousikomi/stop/gaiyou.html

今後、使う予定があるなら、「利用休止」「一時中断」という手続きもある。

固定電話の解約といっても、単に電話線が引いている状態と、インターネット回線を使っている場合がある。

解約できるのはインターネット回線を使っていない場合。

分からないことがあったので、NTT西日本に電話で問い合わせを行い、回答を得た。

◇解約日は予め指定できるのか?⇒できる。当日でも大丈夫。

◇12月31日付で解約したい。いつまでに手続をすれば良いのか?⇒その場合、NTT西日本の年末の営業は12月28日17:00までなので、それまでに連絡して欲しい。

◇工事はあるのか?立ち合いは?⇒マンションの場合、NTT内部工事のみ (お伺いしない工事) 。一軒家の場合はお伺いする工事となり、立ち合いが必要な場合もある。
※今回のケースは年末年始休業が入るので、工事日は1月4日(木)。
それまでは電話は使える。
但し、電話料金の請求は12月30日までの料金となる。

ネットで手続きをすませたら、約1時間後に「お手続き完了のご案内」が届いた。

尚、「インターネットから申し込みをした場合、後ほど担当者から確認の電話がきます。」とあったが、連絡はなかった。

電話の加入権はどうなる?


昔は電話を引く時は電話加入権(7万円ぐらい?)が必要だった。
電話を解約する時は電話加入権の売買をするのが常で、過去、3〜4万円で売却した記憶がある。

今は固定電話を引くのに電話加入権は必要ない。

確か、電話加入権購入に際して支払った金額の返却に関しては、以前問題になり、たしかNTTはこの問題はうやむやにしたように思う。

今回、オペレーターにひつこく聞いてみたが、「返金はない」とあっさり言われた。

まあ、これは想定内。

後は、auでプラン変更の手続きをするのみ。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。