ホワイトデーのお返し

ホワイトデーは3月14日だ。
ホワイトデーの由来を調べて見る。

ホワイトデーのお返しは何が良いのか?




スポンサーリンク
ホワイトデー・・・Wikipedia

ホワイトデーとは、バレンタインデーにチョコレートなどをもらった男性が、そのお返しとしてキャンデー・マシュマロ・ホワイトチョコレートなどのプレゼントを女性へ贈る日。日付は3月14日。日本で始まった習慣で、欧米ではみられない。

飴の材料である砂糖が白色だったため「白=ホワイト」から「ホワイトデー」と命名された。

最近では、デパートなどが食品以外の贈り物なども販売促進しており、菓子業界では、駅やデパートでの手焼きクッキーなどの販売も売り上げを伸ばしている。

「バレンタインデーのお返しは、3倍にして返すのが礼儀」とする言及が女性誌などでなされ、・・・現在では、ホワイトデーに一切の返礼をしない男性も現れており、そのことからバレンタインデーへの反感が女性の間で高まったり、・・・

ホワイトデーは元々は菓子業界の陰謀だ。
「バレンタインデーのお返しは、3倍にして返すのが礼儀」についてもそうだろう。

まあ、しかしこういうことで経済が活性化する?ことは良いことかもしれないが。

私の場合、頂いた義理チョコには同程度の金額のものを返すことをしている。(仕事上のお客様から10個程頂く)
しかし、チョコレートはモノによって値段が随分違うのが難点だ。
従って適当に値踏みをしている。

問題は奥さんからもらった贈り物に対するお返しだ。
チョコはたっぷり冷蔵庫に入っているし、定番のマシュマロやキャンディーは『太る』と敬遠されそうだ。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。