ガソリン税とは?

ガソリン税が問題になっているがどういうこと?
ガソリン税について調べる。





スポンサーリンク
ガソリン国会で、「暫定税率」はどうなる?・・・All About

揮発油(ガソリン)税の暫定税率です。政府与党は昨年末の2008年度税制改正で、現在2倍に引き上げている暫定税率の期限が今年3月末で切れるため、10年延長を決定。

揮発油税は、・・・1リットル当たりに換算すると24.3円で、この税金は、ガソリン価格に含まれています。・・・国は1974年、「立ち遅れた道路整備を強力に進めなきゃ!」と、「暫定」(=期限を設ける)の名の下、税率をアップ! この暫定税率は、その後も段階的に引き上げられ、現在では1リットル当たり48.6円=当初の2倍になっています

何ともすごい話である。
1リットルのガソリン代(現在約150円)の内、税金が約50円。

これを当初の約25円に戻すだけで1リットルのガソリン代は25円安くなる。

政府与党が、暫定税率の10年延長を決定したことで、民主党が猛反発! 

このガソリン税の税率をどうするかが国会の争点になっているわけである。

年金の問題もそうだが、国の税金の無駄使いにはうんざりである。
ガソリン税の税率を引き下げてガソリン代を安くしてもらいたいものだ。

しかし、まずは自分で自己防衛だ。
ガソリン代を安く済ませる方法




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。