携帯電話を処分する方法

不要になった携帯電話を処分する方法を調べた。
携帯電話を処分する方法は次の4つだ。
  1. 不要になった携帯電話を自分で処分する。
  2. 携帯電話の店舗に持って行って不要になった携帯電話を処分する。
  3. 携帯電話買取会社に不要になった携帯電話を売る。
  4. オークションに出品して不要になった携帯電話を売る。



スポンサーリンク
(1)不要になった携帯電話を自分で処分する。
携帯電話の情報を削除する。
あるいは、携帯電話はハンマーで叩き壊す。
この後、ゴミとして出す。

しかし、この方法はおススメできない。
なぜなら、携帯電話の部品でリサイクル出来るものがあるからだ。

(2)携帯電話の店舗に持って行って不要になった携帯電話を処分する。
携帯電話のリサイクルは会社が違っても引き取らなければならないことになっています。
なので、どこのショップへ行っても引き取ってくれます。』 
携帯電話の処分

しかし、個人情報の流出は大丈夫なのか?
「携帯会社の直営ショップはもちろん、他の販売店でも通信会社との契約上、個人情報などが流出した場合は即刻取引停止になるなど、厳格な管理がされています。おそらく漏洩の心配はないでしょう。ただ、ゴミとして捨てる場合には自分でデータを消去すべき。購入時の状態に戻る“オールリセット”などの機能を使えば、データは完全に消去されます。PCのハードディスク等とは違い、消去したデータを復活させることはできないので安全です。アドレスや画像など残しておきたいデータはSDカードなどに保存しておくと便利です」 

しかし、白ロムはお金になるのではないか?
そこで、不要になった携帯電話を売る方法はあるのか?

(3)携帯電話買取会社に不要になった携帯電話を売る。
ネットで見積もりが依頼することが出来る。
見積価格に納得できれば商談がすすめる。
但し、会社によって買取条件に違いがある。
買取できないものもある。
ネットで携帯電話・スマートフォンの買取価格が分かる

(4)オークションに出品して不要になった携帯電話を売る。
携帯電話買取会社で買取価格が低い、あるいは買取できないものはオークション等に出品して売るのも一つの方法だ。
但し、個人情報はしっかりと削除しておかないとやっかいだ。
携帯電話・スマートフォンの買取はこちら
携帯電話・スマホの処分



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。